第36回 関西テレビ放送賞🌹ローズステークスの予想

どうも、管理人のHOMOです

サラキア

メイショウテッコンと2馬身差であるが、最後の足は一級品である、今の阪神の馬場であれば、ゲートをすんなり出たら勝ち負けでないか。
特に、サトノワルキューレは距離が短いと思うし、カンタービレもここで勝ってくるか?って思う、本番は秋華賞なのでここは回ってくるだけ。

続いて、サトノワルキューレの診断!!

バランスの取れたいい馬体でありますね、写真を見る限りでは。

阪神の1800mでこの追い込みが炸裂するのでしょうかねえー

サンスポ賞フローラSは東京コースで直線長いので

(525m)末脚は炸裂しましたが 阪神の1800mは473.8mであり51.2m東京コースよりも短いです

50mの差があるとなるとハナ差負けという結果になるかもしれません

いつアクションを掛けるかによって勝敗が決まってきますね。

それと、最後の200m付近で坂があり、足が鈍る可能性があります。

ディープインパクト産駒なので阪神巧者であるのでそこまで心配しなくてもいいと思います

大外を回るとロスが生じるので馬群の中で足を溜めて抜け出さなくてはいけないので、ジョッキーの技術もなければいけませんね

フローラSで上り33.4の足もあるので余裕だとは思いますが

( ^ω^)・・・ ただ、三走前のゆきやなぎ賞であがり34.1なので、って言っても良い方か 管理人は軸では買いませんけどね、

もう押している馬が居るので(笑) 枠も番とロスない枠に入ったので、好材料です! 内枠の1番に入れば迷わず外だったのですがそこは主催者も許してはくれませんでしたか(笑)

鉄砲ってどうか?って気になります、。

んで肝心の絶好枠の1枠に入った馬がこちら

レッドランディーニ

ミスプロ系なのかな?サンデー系なのかな?

管理人そこまで血統に詳しくないです🙇

昨年のローズSは500万下を勝利したラビットランが豪快に差し切りを決めているので怖い1頭ではあります

カーネーションカップで上がり32.9という驚異の末脚を持っており、今年の安田記念の覇者モズアスコットが勝利しており

この馬も前走32.9という足を持っているので、

もしかすると×2ラビットランするかもしれません

(もう予想ブレブレジャナイデスカー)

今回のレースはディープインパクト産駒が15頭中10頭もいるので

頭はディープインパクト産駒で固そうですね

(おい、前々回の予想の時は◎印でディープインパクト産駒じゃないの押してただろうが)

どこから聞こえてましたが気にしないでくださいね💥💨

大穴はスカーレットカラー

え?って思うと思いますよね?

ですが根拠はありますよ自身もありますしね

前走の桜花賞では8着、チューリップ賞では7着と大敗しておりますが、3走前のフェアリーステークスでプリモシーンに対して1.1/4馬身差、0.2秒差で最後の直線も詰め寄っており、距離が延びるローズSは買いです

それに鞍上も岩田騎手であり、阪神のIN突きが炸裂すると予想します

中穴はゴージャスランチ

こちらも鉄砲ですが前走のカーネーションカップと前々走のスイートピーステークスの走りを見る限りまだ底は見せていないと思います、鞍上も横山典弘騎手ですし、相性もいいと思います。

忘れな草賞も非常にハイレベルなレースだったのではないのでしょうか

上りも33.3であり4.5番手でレースをして差し切るのは能力の高さとしては折り紙付き

ですが、私はとしては横山典弘騎手は危ない時もあるのです・・・

横山騎手は馬の状態が良くないときは無理させないので追い鞭はしないとの情報もあります

では皆さん良い週末を

したっけノシ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする