秋のG1到来! スプリンターズステークス2018の予想 中山1200m芝の特徴と現時点での予想

どうもHOMOです。

さて、秋のG1到来です!

今週の日曜日に中山競馬場で1200mスプリント界の頂点を決めるスプリンターズステークスが行われます。

そんなスプリンターズステークスで行われる中山競馬場の1200mのコースの特徴を解説していきます。

スタート位置は2コーナーの地点付近で外回りコースになり、

そして500m付近で急なカーブがありここで少し減速しないと膨らみ距離にロスが出る特徴的なコースとなっております

中山芝コースの特徴としてゴール前に高低差約約2.5mの急坂があり、逃げ馬が失速する坂であります。

最初でかなり逃げ馬はスピードを上げて逃げるので大きく膨らむ可能性があり、失速し、先行、差しが効いて先行、差し決着になる傾向

これが1つで

もう1つが

全員が競り合わず、そのままの隊列でレースが決まってしまうことがあります、差し、追い込みが全く決まらないパターンです。

ただ

このレースはG1なのでよほどの逃げ馬が強くないと勝ちきれないのでおそらく先行、差し決着で決まるかと思います。

今回は

有力馬を紹介します。

◎アレスバローズ

ラブカンプー、グレイトチャーター辺りに完封しているところを見ると敵はナックビーナスとファインニードルしかいなと見ます。

斤量的にも間違いなくこちらの方がハンデを背負っておるので勝ち負けだと思います。

鞍上も乗り替わりでも難なくこなしているので、ファインニードルを脅かす存在だと管理人思います。

〇ファインニードル

休み明け、海外帰りもなんのそのとG2を完封しました、一言強いですね。

上がりも34.6であり、先行していい二の足が使える辺り流石G1馬だけはあります

▲ナックビーナス

前走のキーンランドカップは強かったです、管理人も現地で見ていたのですがまさか逃げるとは思いませんでした(笑)後ろの差し、追い込みが全く歯が立たずここまでとは、さすがマジックマンモレイラ。ダイワメジャー産駒は意外と1200mの成績がいいです

ここまでは現時点なので出走が確定次第また乗せようかと思います。

それでは ノシ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする