天皇賞秋2018の予想

どうもHOMOです。

さて、次の天皇賞の予想と致しましょう

東京2000mというコースで直線も長く逃げ馬はまず勝てないレースということであります

「耐久性」これが重要です

スタミナ、体力、持久力の三種の神器をそろえていないとまず馬券内には来ないでしょう

いい例としてはカレンミロティックは去勢馬であり、セン馬は去勢後筋力の低下があまりなく、歳を重ねても能力が落ちない傾向にあります

カレンミロティックは天皇賞春を二回も馬券内に来ており(しかも人気薄)穴をあけております

となると今回はセン馬はいませんのでセン馬で天皇賞を予想はできない

スタミナとなると3歳4歳となります

◎サングレーザー、2000mを経験しており、左回りの安田記念は枠順がダメであり、今回4枠5枠に入れば勝ち負けの1頭ではないでしょうか

あと、力が余っている馬でなければここは勝ち負けはできません

〇キセキ

▲マカヒキ

そこまで荒れそうにはないと思いますが管理人は荒れてほしい気持ちでいっぱいです。

管理人はよく札幌競馬場に出没します、天皇賞秋も札幌競馬場にいますので、叫んでいる人が居たらそれは管理人だと思ってください(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする