帯広のカレーリーフへ行ってきました~

どうも、こんばんわHOMOです。

今日は食べ歩きしているネタを公開しようと思います、カレー屋さんのお話です

スポンサーリンク

カレーリーフ

帯広の住宅地にあるおしゃれなカレー屋さんですHOMOは年に数回「HOMO会」という名の井戸端会議を開催しており、その井戸端会議をしにどこか良いご飯屋さんがないかと探しておりました。google先生で「帯広市 カレー屋」と検索しました。出てくる出てくる帯広中のカレー屋さんが・・・カレーリーフ、初めて聞いたカレー屋さんで開拓しないともったいない!と思いここにしました(笑)

店内に入ると香ばしいスパイスの効いた匂いが立ち込めてきますフワ~ッと

HOMO会は基本3人なのですがお店を入って右側にカウンター席があるのですが左側の奥のテーブルに案内されました。といいますが11:30分オープンなのに自分は11:20分頃駐車場に来てたにも関わらず、先に駐車場で待っているお客さんがいました。ここかなり人気店なんだと察しました。オープンして間もなくゾロゾロとお客さんが1組、2組、3組と入ってきまして、すぐさまお店は満席に。オイオイオイオープンして10分足らずで満席とはなかなかの繁盛店ですわい。

そうこうしている内に店員さんがお水を持ってきてくれて、ご注文は決まってますかと言われますが決まっているわけがありません、何分初見なので

こちらがカレーリーフさんのメニューです

インド風カリー、スリランカ風カリー、フランス風カリー、カレーライス、お子様カレー

計5種類のベースから下のカリーを選んでくださいとのこと。HOMOは鶏と野菜が大好きなので「インド風カリーのチキンと野菜のカリー」にしましたあとのHOMO会メンバーは「スリランカ風カリーの野菜のカリー」と「インド風カリーのチキンと野菜のカリー」を選択。・・・HOMO会では仕事や子供の話などでいつも話題が絶えなく、ほんとに和気藹々としてますね、ここって来たことあるのって聞かれて、調べましたってwww初見ですからwwwとそうこうしているうちに15分ぐらい経ったところにカレーがやってきました

「インド風カリーのチキンと野菜のカリー」

ほうれん草、にんじん、ピーマン、トマト、なす、鶏肉と6種類の具材が入った「インド風カリーのチキンと野菜のカリー」です。これ見た目に反して結構辛かったです(笑)にんじんはホクホクでスプーンで簡単にほぐせるぐらい、鶏肉は柔らか過ぎず、食べごたえがありした。トマトの酸味も効いており、ここを選んで正解でした!

もう一人のHOMO会員が選んだスリランカ風カリーもおいしそうでした。小さい器に福神漬とピクルスも出てきてそちらも自家製?だと思いますがそれもまたすっごく美味しかったですね(^○^)値段も決して高くなくリーズナブルでした。真ん中のフランスカレーがほんとは食べてみたかったのですがそちらは又の機会にととっておきましょう。

お店屋さんの概要欄も載せておきます。以上HOMOの食べ歩きコーナーでした♪

店 名:カレーリーフ

住 所:〒080-0027 北海道帯広市西17条南5丁目8−103

営業日:日、月、火、金、土 ランチ11:30~14:30 ディナー17:00~20:30

定休日:水曜日、木曜日

電話番号:0155-41-0050

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする