ジャパンカップ2018 競馬予想その2

はい、この記事はジャパンカップ2018 競馬予想その2です

昨日の続きです

サトノダイヤモンド

海外帰り以降、不振が続いていました、その理由としては大きく大敗した結果だと推測します、馬群に沈んでいくのをレース中に馬自身が感じてしまい、メンタル面が大きく傷ついた可能性があります、前走の京都大賞典は相手も弱く、休み明けのシュヴァルグランに勝ったもののここで勝たないと後がないものだと馬自身も感じたと思います。ここで復活勝とう物であれば有馬記念は一層大盛り上がりを見せるでしょう。

キセキ

追い込みから逃げ馬の脚質に転換した素質馬であります。前走の天皇賞秋は東京2000mを逃げて3着はなかなかできない芸当です。ただ、ここでお釣りがあるのかと問われるとないような気もします。レイデオロとサングレーザーに負けているところを見ると一級戦の古馬には難しいと思えます。

シュヴァルグラン

前走の休み明けで4着、二走前の天皇賞春では2着と成長度合いはハーツクライ産駒らしいものがあり、この馬は休み明けは走らないと決まっており、今回のジャパンカップは陣営も狙い撃ちのような気がします。三年連続馬券になるかと問われるといささか難しいですが、ハーツクライ産駒の成長度合いからしたら今年までがピークであると推測します。

カプリ

今年の凱旋門賞を11番人気でありながら5着に来た馬であります、ただ、キングマンボ系ではなく、ガリレオ産駒となると日本のキレ勝負のコースとなると血統がイマイチであります。ここは難しいと思われます。

まとめ

・サトノダイヤモンドの大敗続きに終止符を撃ったのは馬自身である
・キセキの力ではジャパンカップは厳しい
・シュヴァルグランを買うのであれば紐まで
・カプリは今回は馬券的にはないものとします

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする