日本ダービー2019レース後を見て思ったこと

えーちゃん
今年は取れなかったよ。。。
心のえーちゃん
今年もでしょ?www

ども、えーちゃんです

 日本ダービーが終わりました、いや終わったというべきではなく散りました馬券が。一番人気に推されたサートゥルナーリアが4着と馬券圏外になり、意気消沈しているところです
12番人気の大穴のロジャーバローズが優勝し、浜中騎手もダービージョッキーとなり、なんとも大波乱な日本ダービーでありました、2着にダノンキングリー、3着にヴェロックスそれでも3連単は19万程しかつかない
ここでなぜ19万ほどしか付かなかったのか。理由は簡単です
サートゥルナーリアがパドックで馬体を見たときにレース後みたいな仕上がりになっておりました
ここで???が湧く方はまだまだです、いつもは落ち着いている、おとなしいサートゥルナーリアがこんなにハイテンションでイレ込んでいる時点で、ほぼ50パーセント負けたなと思いました。
そして、出遅れた時点で負けを確信しました。
前が止まらないハイペースで後ろの馬達は全く追い込みが届かず、敗退と浜中騎手は府中の逃げになると流石でした
さて話は戻します、なぜサートゥルナーリアがイレ込んでいたか、原因は陣営にあります。
ぶっつけ本番で皐月賞に挑み優勝したのはいいが、まさかのダービーで敗退これには納得いきます
2走ボケと仕上げ過ぎてテンションが上がり過ぎた、この二つです。程よくでいいのにと思ってましたがやり過ぎです。
気性が激しくない馬なのに完全におかしかったです。
距離が持つことは立証されたので、有馬記念などではまた皐月賞のような走りを見せてくれるかと思います
凱旋門賞も白紙になったので日本競馬に専念できることでしょう、なんせこの高速馬場で走っていると外国の競馬には対応できなくなります、JRAはこの高速馬場をどう思っているのか、馬の足元が完全に壊れてしまう一方です、東京12レースでもアドマイヤエイカンが予後不良になったと聞きました。
今週からCコースなので馬場は早くなるのは決定的でしたが少々やり過ぎかなと、サートゥルナーリア自体も現時点で種牡馬としても価値が上がっているのでイレ込んでいる以上無理はさせたくないのが陣営としての正直な本音かもしれません。
なんにせよ、日本ダービーは高速馬場になって、穴馬でも普通に勝てるということです。
全着順は以下の通りです
11R 日本ダービー(G1)



馬名 性齢 負担
重量
騎手 タイム
1 1 1 ロジャーバローズ 牡3 57.0 浜中 2:22.6
2 4 7 ダノンキングリー 牡3 57.0 戸崎 2:22.6
3 7 13 ヴェロックス 牡3 57.0 川田 2:23.0
4 3 6 サートゥルナーリア 牡3 57.0 Dレーン 2:23.1
5 5 9 ニシノデイジー 牡3 57.0 勝浦 2:23.1
6 5 10 クラージュゲリエ 牡3 57.0 三浦 2:23.2
7 7 14 ランフォザローゼス 牡3 57.0 福永 2:23.2
8 6 11 レッドジェニアル 牡3 57.0 酒井 2:23.4
9 8 16 タガノディアマンテ 牡3 57.0 田辺 2:23.8
10 4 8 メイショウテンゲン 牡3 57.0 武豊 2:24.0
11 3 5 マイネルサーパス 牡3 57.0 丹内 2:24.2
12 2 3 エメラルファイト 牡3 57.0 石川 2:24.3
13 8 17 ○地ナイママ 牡3 57.0 柴田 2:24.5
14 1 2 ヴィント 牡3 57.0 竹之下 2:24.5
15 7 15 リオンリオン 牡3 57.0 横山 2:25.0
16 8 18 シュヴァルツリーゼ 牡3 57.0 石橋 2:25.0
17 2 4 サトノルークス 牡3 57.0 池添 2:25.8
18 6 12 アドマイヤジャスタ 牡3 57.0 Mデムーロ 2:26.9
最新情報をチェックしよう!